壁の薄い木造アパートでのトラブル

アパート探しは実地調査が一番?
ご近所トラブルになり得る『騒音』ですが、木造が多いアパートの物件を探すときにも重要なポイントになりますよね。私自身も今は彼氏と同棲中で、木造の2階に住んでいます。私たちが住み始めた1か月後には下の階に5、60代の女性とその甥っ子さんが引っ越してきましたと挨拶に来られました。とても感じの言い方です。私も彼も仕事で帰りが遅く、飲みに行くことも多い。帰りは早くて0時、遅いと1時を回ってしまうこともあります。下の階の方はご年配ということもあり、0時過ぎの帰宅の際にも電気が消えて就寝している様子。やはり木造なので生活音はかなり聞こえます。昼間に下の階の掃除機の音が聞こえるくらいなので、さぞ夜の私たちの部屋の音は響いていることか…。今のところ苦情などはありませんが、話に聞くところ、そういった内容の苦情が度を過ぎると悪質な嫌がらせにもなるようです。

もちろんそんなトラブルを避けるためにこちらでも出来る限りの配慮をしなければとは思っています。足音、扉の閉開、話し声。今は私たちが気を使う立場ですが、以前のアパートは一階で、壁が薄いと評判の物件でした。あの時は隣の人のイビキまで聞こえる酷さ…。嫌な思いをしないさせない。トラブルにならないように、周辺の環境など予めリサーチしておくことも大事だと思います。