ペット不可のはずの賃貸マンションで反応した娘

アパート探しは実地調査が一番?
旦那さんと一緒になって探していた物件は、ペットを飼うことのできないマンションでした。
当時私たちは、一軒家を購入するための資金をつくるために、アパートを賃貸して暮らしていたのですが、あるとき、娘に犬アレルギーがあることがわかったのです。

それは、隣に引っ越してこられた方が大型犬を飼われていて、それに反応して発覚したことでした。
病院にかかると、一緒の空間にいないにも関わらず反応してしまうのは、とても重度の犬アレルギーと診断されてしまいました。
隣の部屋の前を通るだけで、くしゃみの止まらなくなってしまう娘を可哀想に思った私と旦那さんは、これを避けるために引っ越すことに決めました。
それはもちろん、ペットを飼ってはいけないとされている物件で、かつ、それの多いマンションに絞りこんで探しました。
そうして新しく賃貸できるマンションを見つけた私たちは、家族そろって引越しをしたのですが、なんとここでも娘のアレルギー反応が出てしまったのです。

ペットを飼ってはいけないはずのマンションで、その反応が出てしまう理由がわかりませんでした。

そこで私は大家さんに聞いてみたところ、どうやら前に賃貸していた方が隠れて犬を飼っていたらしく、それがバレたことで出ていかれたということでした。
そのため、少なからず残ってしまっていた空気に、娘のアレルギー反応が出てしまったのです。

私は大家さんにハウスクリーニングをお願いし、その後ようやく安心して賃貸することができました。