アパート経営の今昔。時代の求める経営とは

アパート探しは実地調査が一番?
アパートの大家さんを長年やられている方にはお分かりのことかと思いますが、とにかく苦労の絶えないお仕事だということです。アパートの入居者は不定期に退去することが多いですから、常に空室率に気をつかわなければなりませんし、リフォームなどにも思わぬ費用がかかるものです。また、アパートをお持ちの方は、先祖から伝えられた土地や大切な方から受け継いだ土地を手放すには忍びなく、かといって自分では使い道がなく、といういきさつで始められた方が多いのです。ですから、その土地の上に建つ建物にも思い入れが強い。しかし、入居者はそんなことをお構いなしに自分の家だと思って使いますから、その維持管理に大変な気を使われていることでしょう。

最近では、もっと機動的にアパートを運営していく、新しい手法がいくつも考えられ、成果を挙げています。たとえば、都心であれば従来よりももっと一部屋あたりの面積を小さくし、部屋の数を増やすことで、空室率の乱高下を抑え、収入を安定させる手法があります。また、郊外であれば、女性専用にしたり、セキュリティを充実させたりなど、他にはない付加価値をつける手法が注目されています。いずれも、今までにない斬新な発想で、新たなニーズを掘り起こし、入居者の質を維持するためのものです。