北海道でのアパート生活

アパート探しは実地調査が一番?
寒さが厳しい北海道では暖房が欠かせません。どの家庭でも冬はストーブで暖房をしています。部屋を暖房するにはアパートの機密性によって暖房費も変わってきます。機密性が高い住宅では少しの暖房でも暖かく生活できますが、機密性の低い住宅では絶えず暖房を入れていないと部屋の温度が下がってしまいます。当然のことに暖房費はそれだけ多く必要になるわけで、できれば機密性の高い鉄筋コンクリートの住宅で生活するのがベストですが、機密性が高いということは通気性が低いということでもありますから、室内と室外の温度差が大きくなって、その結果として結露が起きるということにもなります。

住宅の収納庫に入れておいた衣類や寝具などが、気がついてみると結露で濡れてしまっていたなどということもあります。これは機密性が高い住宅によく起きる現象です。こうしたことを防ぐには、ある程度機密性の低い木造住宅の方が結露は起きにくいということもあります。どちらを選ぶかは個人が決めることですが、家賃が比較的低い木造住宅で多めの暖房費を使って生活することで結露に悩まされずに生活するという選択肢もあっていいでしょう。これからの季節は室温の管理が大切です。