アパートの説明と、利便性と不利点

アパート探しは実地調査が一番?
アパートとは、建物内部を複数に区切り、それぞれを独立した、一つの住居とした建物です。一方、同じような構造でも、規模が大きなものは、マンションとなります。マンションですと購入が原則ですが、アパートは賃貸が主流です。

アパートのメリットとしては、先に書いたとおり、賃貸が主流ですので、月々の家賃が確実に支払える収入があれば、手元にまとまったお金がなくても住めることです。また、日本全国にあるので、引っ越しなどにも対応しやすいことです。ただし、あくまで賃貸ですので、家賃を支払い続けたとしても、自分の財産にはなりません。また、比較的、家の概念に近い造りになっているマンションの部屋とは異なり、アパートは簡易的な造りであることが多いです。ですから、個人の場合には、アパート暮らしでもじゅうぶんでしょうが、家族、家族以外の複数人での暮らしになると、アパートでは、なかなか不便が多いでしょう。アパートは、隣の部屋、上下階の部屋との区切りである壁が薄いですから、生活音なとが響きます。そうなると、子供さんが部屋で元気よく遊ぶということは、他の部屋の住人にとっては迷惑になります。子供さんが家の中で遊べないのは、やはり気の毒です。また、アパートは、それほど部屋数は多くありません。ですので、その中で、他の人と生活しながら、自分のプライベートを求める、確保するというのは、なかなか難しいことになります。

決して、複数人で、家族でアパートを利用してはいけない、とは言いません。しかし、子供の成長や、プライベートのことを考えるのであれば、アパート暮らしでは不便があることはじゅうぶん理解しておくべきでしょう。