都心にもっとアパートを増やして欲しいです。

アパート探しは実地調査が一番?
都心は現在物件の急成長を遂げているような印象を私は受けます。それだけ若者世代へと時代が流れている証拠なのかもしれません。いわゆる昔の価値が薄れ新しいものが流行する時代にだんだんと移行していることがうかがえます。特に都心にはこの傾向が非常に強いということがいえます。新築物件の増大や高いオフィスビルの建設など私たちの知らないところで着々と計画は進行しているのです。そのなかでも私たちの暮らしにおいてアパートの減少は特に気になることのように思われます。

アパートというと一体どのようなイメージを持たれるでしょうか。おそらく大屋さんやそこに住民がいて成り立っている物件または回覧板を通して地域に密着しているものなどさまざまな想像をします。アパートの魅力とはまさに人間の味を醸し出しているものなのです。しかし現在はより新しいものへ水準をあわせています。私の考えではもう少しこのようなアパートを都心に密集させてほしいのです。そうして地域全体をうまく守って欲しいのです。

まちを守れるのはこのようなアパートでしか成し得ないのです。贅沢をせずにちょっとした空間で生活をする暮らしに憧れる姿勢も大切なのではないでしょうか。